採寸方法 取付方法 一般知識 種類 カラーサンプル 選び方 構造図 お届け予定日 無料サンプル 送料
採寸方法
間違いのない注文をするためにこちらもご覧ください
採寸方法に不安のある方は電話でのサポートもご利用下さい。

有料採寸サービスはこちらへ
質問はこちらにどうぞ

寸法を計る時に使うメジャーは正確に計れるように、なるべく金属製のしっかりしたものをお使いください。写真のものは5.5mまで計れるプロ用ですが、3m程度のものでも十分です。金物屋さんかホームセンターなどで500円程度で売っています。

 
 メーカーのページ 製品の一般知識 取付方法 種類 チェックポイント

ブラインドの採寸方法  サイズは1cm単位になります 

窓枠の内側につける場合(天付け)
幅は-1cm、高さは-1cm引いてください。
1mm単位は切り捨てます
窓枠の外側につける場合(正面付け)は枠の外側寸法です。
1mm単位は切り捨てます

側面図はこちらへ

枠の内側に付けるときは、枠の内側寸法から幅は1cm、高さも1cm引いて下さい。mm単位の端数は切り捨てです。161.5cm→160cm
木製ブラインドは高さを1cm単位で製作できませんが、長すぎても問題はありません。

枠の外側(正面)につける場合、横幅は枠の外側から外側までを計ってください。高さも同じように、外側の寸法になります。mm単位の端数は切り捨てです。172.5cm→172cm(床にぶつかる場合は-1〜2cm)
ただし光をなるべく入れたくないときは、幅の寸法を多めにして下さい。
木製ブラインドは高さを1cm単位で製作できませんが、長すぎても問題はありません。

カーテンボックスがある場合は、幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。ただし窓の幅と大きく違うときは、最小で窓枠の外側寸法でも構いません。高さはカーテンボックスから窓枠の下まで計って下さい。床に付く場合は-1cmです。(カーテンレールは外してブラインドを付けます)


カーテンレールに付ける場合、外付けのレール(窓枠から部屋側に飛びだしているレール)の場合、巾は外側につける場合の計り方と同じです。レールが窓枠の内側についている場合は、内側に付ける場合と同じです。高さの基準はカーテンレール下からになります。ランナー下からではありません。(木製ブラインドは不可)
詳しい図はこちらへ

突っ張りタイプの場合も、計り方は同じです。ただし枠の内側にしか付きません。ここはロールスクリーンの突っ張りタイプと違います。突っ張り棒が本体に組み込まれています。(木製ブラインドは不可)

セパレートタイプも採寸方法は同じです。全体の長さとして計ります。だだし、真ん中の隙間寸法が1cm必要なので、幅が偶数寸法の場合は、左右均等にならず、どちらかが1cm短くなります。W160cm→W1_80cm 隙間1cm W2_79cm。左右の幅を別々に指定することも出来ます。(木製ブラインドはセパレート不可)

セパレートタイプではなく単純に一つの窓に2台付ける場合は、2台の間を1cm空けてください。窓枠の内側につける時は5mm+ブラインドの幅+1cm+ブラインドの幅+5mmの計算になります。mm単位の端数は切り捨ててください。詳しくはこちらへ

出窓タイプの採寸方法はこちらへ

縦型ブラインドの採寸方法はこちらへ


必要な指定

羽根幅を15mmか25mmか選んでください。木製は25mmか50mmです。その他種類によって50mm〜100mmまであります。木製ブラインドはたたんだ時の幅が大きくなりますので、スラット幅の小さいもの(25または35mmタイプ)は枚数が増えることによってよけい大きくなります。

操作コードのあるほうを、自分から見てにあるかにあるか、指定してください。下の図は右操作です。セパレートタイプの場合は2個所指定します。

操作コードの長さを決めるため、床から取り付ける位置までの高さ(取付け高さ)を指定します。窓が床までおりている場合は、高さ寸法とほぼ同じになります。窓の下に壁がある場合、高さ寸法プラス窓下の壁の高さとなります。寸法は10cm単位の数字で構いません

浴室用の場合はそれを指定してください。錆びにくいタイプがあります。(シルキーアクア、セレーノなど)

左右で突っ張るタイプにしたい場合は、突っ張りタイプとご指定ください。

セパレートタイプの場合1/2分割かどうか指定して下さい。

カーテンレールに取り付ける場合は、専用取付金具をご請求下さい。

カラーサンプルをご覧になりたい方はこちらへ

質問はこちらにどうぞ