採寸方法

間違いのない注文をするためにこちらもご覧ください
商品によって計り方が違います。

カーテン

プレーンシェード、ツインシェードなどのシェード類

ロールスクリーン

ブラインド(横型ブラインド、プリーツスクリーン、カーテンブラインドなど)

縦型ブラインド

ハニカムサーモスクリーン

採寸方法に不安のある方は電話でのサポートもご利用下さい。


寸法を計る時に使うメジャーは正確に計れるように、なるべく金属製のしっかりしたものをお使いください。写真のものは5.5mまで計れるプロ用ですが、3m程度のものでも十分です。そうでないと測っても1cm位の誤差が出ます。


質問はこちらにどうぞ
遮光性

カーテンの採寸方法  サイズは1cm単位になります 

カーテンの採寸方法

写真はこちらへ

カーテンの採寸方法

オーダーカーテンはお客様の指定で1cm単位で製作いたします。

横幅はゆとりを持たせるため、カーテンレールの長さの1.05倍にしてください。180cm→188cm。これを左右に分ける場合は、2で割って94cmを2枚です。
ヒダなしフラットカーテンの場合はカーテンレールの長さの1.3倍くらいにすることもあります。180cm→234cm こうすることによって吊るしたとき自然なウェーブができ、見た目や音響効果が良くなります。もちろん暗幕などウェーブをつけたくないのなら1.05倍でも問題ありません。

高さは、カーテンレールのランナー(左右に移動する部分)の穴から、床までの長さを計って1cm引いてください。 暗幕遮光生地の場合は、光が入らないようにこの基準より長めでもいいでしょう
腰窓(床までおりていない窓)の場合は、ランナー下から窓の下まで計り、10〜15cm たして下さい。カーテンを窓枠内に収めたい場合は、窓枠の内側までの寸法です。

ひも付き暗幕や風呂敷状の四角い布はそのまま希望のサイズを指定してください。


必要な指定 

2倍ヒダ、1.5倍ヒダはカーテンの生地をそれだけ多く使うということです。ヒダなしフラットカーテンより、2倍ヒダは2倍の生地を使っているので、正面から見たときウェーブがついているカーテンになるわけです。生地を多く使っても遮光性は変わりません。
下の図↓を見て正面付け(Bフック)か、天付け(Aフック)を決めます。フックより上にカーテンが伸びているのが正面付けです。どちらを選んでも、高さはランナー下からの寸法で指定しますので計り方は変わりません。フックなしを選んだ場合はフックはつきません。


天付けと正面付けの説明
ウッディーレールと金属レールを組み合わせた場合は、高さの基準になるランナーの位置が違っていますのでご注意下さい。
カーテンレール
↑天付け
Aフック
↑正面付け
Bフック
カーテンレール
↑天付け
Aフック
↑天付け
Aフック
カーテンレール
↑正面付け
Bフック
↑天付け
Aフック
質問はこちらにどうぞ

プレーンシェード、シャープシェード、バルーンシェードなど
 メーカーのページ  製品の一般知識  取付方法  種類
ローマンシェードの採寸方法  サイズは1cm単位になります 
センタークロス、クロスオーバー、セパレーツ、スカラップは普通のカーテンへ

窓枠の内側につける場合(天付け)
幅は-1cm、高さは-1cm引いてください。1mm単位は切り捨てます
窓枠の外側につける場合(正面付け)は枠の外側寸法です。1mm単位は切り捨てます

側面図はこちらへ

枠の内側に付けるときは、枠の内側寸法から幅は1cm、高さも1cm引いて下さい。mm単位の端数は切り捨てです。161.5cm→160cm

枠の外側(正面)につける場合、横幅は枠の外側から外側までを計ってください。高さも同じように、外側の寸法になります。(床にぶつかる場合は-1〜2cm)
ただし光をなるべく入れたくないときは、幅の寸法を多めにして下さい。

単位はcmです。mmは切り捨ててください。172.5cm→172cm

カーテンボックスがある場合は、幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。ただし窓の幅と大きく違うときは、最小で窓枠の外側寸法でも構いません。高さはカーテンボックスから窓枠の下まで計って下さい。床に付く場合は-1cmです。(上部にメカニック部分があるため、カーテンレールは外してシェードを付けます)

出窓に付ける場合はこちらを参考にして下さい。
多角形出窓
D型出窓


必要な指定

操作コードのあるほうを、自分から見てにあるかにあるか、指定してください。ツインシェード(ダブルタイプ)の場合は2本の操作コードを左右に振り分けることもできますが、左右どちらかに操作コードを2本とも付けることもできます。

操作コードの長さを決めるため、床から取り付ける位置までの高さ(取付け高さ)を指定します。窓が床までおりている場合は、高さ寸法とほぼ同じになります。窓の下に壁がある場合、高さ寸法プラス窓下の壁の高さとなります。寸法は10cm単位の数字で構いません。

操作方法は単純にヒモでダイレクトに操作するコード式と、チェーンで軽く巻き上げられるドラム式があります。サイズの大きなものはドラム式がいいでしょう。

質問はこちらにどうぞ

 メーカーのページ 製品の一般知識 取付方法 種類 チェックポイント

ロールスクリーンの採寸方法  サイズは1cm単位になります

窓枠の内側につける場合(天付け)
幅の寸法は-0.3cm〜-1cmマイナス
5mm単位で制作できます。
窓枠の外側につける場合(正面付け)幅は横枠外側の寸法+0〜4cmプラス
5mm単位で制作できます。

側面図はこちらへ

窓枠の内側に付ける場合と、窓枠の外側に付ける場合があります。障害物がなければ、内側につけた方がじゃまにならないようです。ただし生地幅は製品幅より短いため、両サイドが少し空きます。これが気になる場合は枠の外側につける方法(正面付け)を選んで下さい。
注文サイズは製品幅を指定します
生地幅と製品幅の関係はこちらへ

内側に付ける場合は、幅の寸法は0.3cm〜1cmぐらい引いてください。枠の内側寸法より1mmでも小さければ理論上は入りますが、誤差もあるので最低3mm引いてmm単位の端数を切り捨てます。単位はcmになります。161.5cm→161cm、161.2cm→160.5cm一つの窓に2台付ける場合は、単純に2台の幅の合計が、窓枠の内側寸法以下(3mmの余裕を含む)であれば問題ありません。

外側につける場合は、幅の寸法は枠の外側寸法と同じか、外側寸法+4cmぐらいがいいでしょう。遮光タイプの場合は+8cmぐらい足さないと、光が脇から入ってきます。

高さは、枠の内側に収めたい場合は、枠の内側寸法。枠の外側に収めたい場合は、枠の外側寸法〜外側寸法+8cm(腰高窓の場合)ぐらいです。
長すぎてもロール部分に巻き付いているだけで、問題は何もありませんが、サイズによっては価格が1ランク高くなる場合もあります。

カーテンボックスがある場合は、幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。ただし窓の幅と大きく違うときは、最小で窓枠の外側寸法と同じか、外側寸法+2cmぐらいでも構いません。高さはカーテンボックスから窓枠の下まで計って下さい。(上部にメカニック部分があるため、カーテンレールは外してロールスクリーンを付けます)


カーテンレールに付ける場合、外付けのレール(窓枠から部屋側に飛びだしているレール)の場合、巾は外側につける場合の計り方と同じです。レールが窓枠の内側についている場合は、内側に付ける場合と同じです。高さの基準はカーテンレール下からになります。
詳しい図はこちらへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
突っ張りタイプの場合、突っ張り棒の幅とロールスクリーンの幅を別べつに指定します。突っ張り棒の幅は枠の内側寸法から1cmぐらい引いて下さい。左右20mmぐらいは伸びます。

ロールスクリーンを枠の内側に収めたい場合(天付け)は、ロールスクリーンの幅は枠の内側寸法から0.3cm〜1cm引いて下さい。mm単位の端数がでた場合5mm単位で制作できます。
ロールスクリーンを枠の外側に収めたい場合(正面付け)は、ロールスクリーンの幅は枠の内側寸法に5cm〜10cmぐらい足して下さい。ロールスクリーンが下に垂れても、窓枠に遮られてそれ以上下に回転しない状態です。

取付は突っ張り棒に対して、通常は正面付けになります。突っ張り棒の下に取り付けたい場合は、天付けを指定します。取付方法をご覧下さい

ブラケットタイプに比べて取付強度が弱いため、大きめの窓にはあまりお進めできません。幅140cm以下の窓に向いています。


必要な指定

操作方法を、チェーン式プルコード式(スプリング式)か選んでください。チェーン式の場合、自分から見てにチェーンがつきますので、どちらかを指定してください。
チェーン式(左操作)
プルコード式(スプリング式)
チェーンの引くことにより上げ下げできます。左右どちらかで指定できます。 コードを引いて止めるとその位置で止まります。上げるときは少し引くとロックが外れて自動的に上がっていきます。

プルコード式の場合は、引っ張るのに、四角いハンドル(オプション)か、ひものついたコード(標準仕様)か選びます。詳しくは、ロールスクリーンの種類を見てください。

チェーンやコードの長さを決めるため、床から取り付ける位置までの高さ(取付高さ)を指定します。窓が床までおりている場合は、商品高さ寸法とほぼ同じになります。窓の下に壁がある場合、商品高さ寸法プラス窓下の壁の高さとなります。寸法は10cm単位の数字で構いません。

カーテンと同じように天付けか正面付けを指定します。窓枠の内側につける場合は天付けです。

左右で突っ張るタイプにしたい場合は、突っ張りタイプとご指定ください。

メカニック部分の部品色を指定できます。指定のない場合はメーカーの標準色(おもにホワイト)となります。

カーテンレールに取り付けたい場合は、専用金具がありますのでご請求下さい。

質問はこちらにどうぞ

 
おすすめ商品 メーカーのページ 製品の一般知識 取付方法 種類 チェックポイント

ブラインドの採寸方法  サイズは1cm単位になります 

窓枠の内側につける場合(天付け)
幅は-1cm、高さは-1cm引いてください。1mm単位は切り捨てます
窓枠の外側につける場合(正面付け)は枠の外側寸法です。
1mm単位は切り捨てます

側面図はこちらへ

枠の内側に付けるときは、枠の内側寸法から幅は1cm、高さも1cm引いて下さい。mm単位の端数は切り捨てです。161.5cm→160cm
木製ブラインドは高さを1cm単位で製作できませんが、長すぎても問題はありません。

枠の外側(正面)につける場合、横幅は枠の外側から外側までを計ってください。高さも同じように、外側の寸法になります。mm単位の端数は切り捨てです。172.5cm→172cm(床にぶつかる場合は-1〜2cm)
ただし光をなるべく入れたくないときは、幅の寸法を多めにして下さい。
木製ブラインドは高さを1cm単位で製作できませんが、長すぎても問題はありません。

カーテンボックスがある場合は、幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。ただし窓の幅と大きく違うときは、最小で窓枠の外側寸法でも構いません。高さはカーテンボックスから窓枠の下まで計って下さい。床に付く場合は-1cmです。(カーテンレールは外してブラインドを付けます)


カーテンレールに付ける場合、外付けのレール(窓枠から部屋側に飛びだしているレール)の場合、巾は外側につける場合の計り方と同じです。レールが窓枠の内側についている場合は、内側に付ける場合と同じです。高さの基準はカーテンレール下からになります。ランナー下からではありません。(木製ブラインドは不可)
詳しい図はこちらへ

突っ張りタイプの場合も、計り方は同じです。ただし枠の内側にしか付きません。ここはロールスクリーンの突っ張りタイプと違います。突っ張り棒が本体に組み込まれています。(木製ブラインドは不可)

セパレートタイプも採寸方法は同じです。全体の長さとして計ります。だだし、真ん中の隙間寸法が1cm必要なので、幅が偶数寸法の場合は、左右均等にならず、どちらかが1cm短くなります。W160cm→W1_80cm 隙間1cm W2_79cm。左右の幅を別々に指定することも出来ます。(木製ブラインドはセパレート不可)

セパレートタイプではなく単純に一つの窓に2台付ける場合は、2台の間を1cm空けてください。窓枠の内側につける時は5mm+ブラインドの幅+1cm+ブラインドの幅+5mmの計算になります。mm単位の端数は切り捨ててください。詳しくはこちらへ

出窓タイプの採寸方法はこちらへ

縦型ブラインドの採寸方法はこちらへ


必要な指定

羽根幅を15mmか25mmか選んでください。木製は25mmか50mmです。その他種類によって50mm〜100mmまであります。木製ブラインドはたたんだ時の幅が大きくなりますので、スラット幅の小さいもの(25または35mmタイプ)は枚数が増えることによってよけい大きくなります。

操作コードのあるほうを、自分から見てにあるかにあるか、指定してください。下の図は右操作です。セパレートタイプの場合は2個所指定します。

操作コードの長さを決めるため、床から取り付ける位置までの高さ(取付け高さ)を指定します。窓が床までおりている場合は、高さ寸法とほぼ同じになります。窓の下に壁がある場合、高さ寸法プラス窓下の壁の高さとなります。寸法は10cm単位の数字で構いません

浴室用の場合はそれを指定してください。錆びにくいタイプがあります。(シルキーアクア、セレーノなど)

左右で突っ張るタイプにしたい場合は、突っ張りタイプとご指定ください。

セパレートタイプの場合1/2分割かどうか指定して下さい。

カーテンレールに取り付ける場合は、専用取付金具をご請求下さい。

カラーサンプルをご覧になりたい方はこちらへ

質問はこちらにどうぞ